トレッキング

トレッキングに必要な装備は?初心者ならこれだけあれば十分!

快適に山歩きするには環境に応じた装備品が必要です。本格的な登山ほどの携行品を揃える必要はありませんが、不測の事態に対処できるように準備を整えましょう。日帰り、山小屋宿泊、テント泊によって必要なものは異なりますが、単独でも団体でも共通の三種の神器があります。それは…

  • トレッキングシューズ
  • バックパック
  • レインウェア

この3つが必須アイテムになります。これを怠るとトレッキングは自然を楽しむスポーツではなく、ただの苦行になってしまいます。

スニーカーではだめなのか?

トレッキングシューズとスニーカーの決定的な違いは、ソール(靴底)が硬いことと、足首をサポートしてくれること、防水透湿性を備えていることです。砂利道や岩場などの悪路を通る際、ソールが硬いことで足元が安定されケガをしにくくなります。さらに足首を固定することで疲労が軽減されるので、道中に捻挫して身動きできなくなるリスクも減らせます。

防水透湿性がもっとも優れているのはGORE-TEX(ゴアテックス)。服、靴、帽子など幅広く採用されていて、濡れて乾きが遅いスニーカーよりも速乾性が高いので快適にトレッキングを楽しめます。

トレッキングシューズには、ローカット、ミドルカット、ハイカットの3タイプがあります。ローカットはソールは硬いもののスニーカー同様の作りなので安全を考慮すれば初心者にはおすすめできません。ハイキング程度であれば問題ありませんが、ゆくゆくトレッキングをやるのであれば、くるぶしをカバーできるミドルカットを選んだ方が無難です。ハイカットは足首を完全にサポートしてくれるもので、主に2,000m越えの山岳登山で使用するものです。

ミドルカットにするのかハイカットにするのかは好みによりますが、いろんなメーカーの靴を試してみて、お店の店員さんとよく相談して決めるといいでしょう。

今持っているリュックサックではだめなのか?

街中で見るような肩にぶら下がっているだけのタイプはデザイン性を重視したものが多いことから、やはり機能性、耐久性を追求したものを身に着けるべきです。「ノースフェイスがいい」とか「アークテリクスがいい」とか、いろいろ意見がわかれますが、最も重要なのは背中にフィットするかどうかで疲労度が左右されます。

こればかりはブランドにこだわらず、トレッキングシューズと同様に片っ端から試着することをおすすめします。日帰りなら30L以下で山小屋泊りならそれ以上を目安に選ぶといいでしょう。

それに加えてバックパックカバーも必需品です。レインウェアと同様に防水撥水性があり中身が濡れずに済むので重宝します。別売りになりますがバックパックに内蔵されているものもあります。

雨合羽ではだめなのか?

透湿性に優れていない雨合羽ではムレを軽減することはできず長時間の行動に差し支えるでしょう。なによりトレッキングでもタウンユースにも使えるレインウェアは多少値が張ってでも揃えておいて損はありません。

しかし、GORE-TEXは高級素材なので懐具合で手が出せないという人もいらっしゃると思います。以前は「レインウェアといえばGORE-TEX」と言われるくらい定番でしたが、現在は『ポーラテックネオシェル』といった新しい素材や、各アウトドアメーカーオリジナルのレインウェアなど、デザインや機能が多様化してきました。

日本メーカーの『モンベル』や『ミズノ』は比較的お手頃なので防水できればいい程度ならおすすめです。でも、やっぱり質の高さにこだわりたいなら日本人のサイズに合う『ノースフェイス』を。体格が大きい人には『パタゴニア』などがいいでしょう。

ちなみに現在のGORE-TEXは2種類あるので、お求めの際はご注意を。見分け方は商品に付いているタグが黒であれば従来のGORE-TEXで、白だとそれは非防水性なので間違えないようにしてください。

まとめ

いずれも登山、トレッキングにおいて必須装備になります。「誰かに貸してもらおう」などと安易に考えてしまうと、サイズが合わなかったりと、いざというときに不備が生じて手痛い目に遭うので準備を怠らないようにしてください。

ABOUT ME
みやじょう
大分県出身、神奈川県在住のアラサー。 海より山好き。温泉旅行好き。 会社員の傍ら副業でブログを継続中。