ニュース

本並健治氏、丸山桂里奈との離婚ありうる話!趣味に没頭する人の末路

今年9月4日に元サッカー女子日本代表FWで現在タレント活動をしている丸山桂里奈さんと結婚された元サッカー日本代表の本並健治氏は大の車好きということが判明されました。

「歳の数だけ車を買う」と豪語していることから、現在56歳の本並健治氏は56台購入したということになります。最長で2年、最短で2ヶ月ごとに中古外車を乗り換えていたことから、かなりバブリーな生活で羽目をはずした生活をしていることが伺えます。

車の複数所持は当たり前のご様子なので今後も乗り換えは増える見通しです。

お気に入りはジャガー

出典:kakaku.com

直近の購入した車はジャガーI-PACE。ガソリンを使わないフル電動SUVモデルです。走りにこだわったデザインに力強いパフォーマンス。それに加えて開放感に満ちたキャビン。スポーツカーでありながらゆとりのある空間を確保して快適に乗れる車です。

車両本体価格が消費税込で976万円になっていることから、中古で割安だとしても後先考えずに出せる金額としては躊躇してしまうレベルです。その余裕はどこから来るのでしょうか。

現在の仕事は?年収はどれくらい?

現役引退後はサッカーの解説や京都産業大学や東海大学付属仰星高校のサッカーコーチとして活躍の場を広げたり、なでしこリーグスペランツァFC大阪高槻の監督に就任しています。

現在はサッカー中継の試合解説やリポーターの他、タレント業を収益の柱にしており、推定年収は1,000万円を超えない程度といわれています。

タレント業だけでいえば丸山桂里奈さんの方が稼いでいるようなので、それを念頭において車購入を即決したのかもしれません。

身の丈を超えた趣味は身を滅ぼす

丸山桂里奈さんも趣味があり、こちらは女性らしくかわいいものです。無類の動物好きでグッズを集めるのが好きなようです。かける金額は外車の買い替えに比べればかわいいものでしょう。

旦那さんは奥さんの趣味に対して理解度が深いですが、反対に旦那さんの度を超えた車好きには訝しがる場面も。車好きの人から見れば「浪漫だから追い求めるのは仕方ない」かと思いますが、中古車とはいえすべての車をキャッシュで購入しているとは考えにくいです。

仮に買い替えるたびに売却するとしたら、最も高く売れる時期である1月~3月(決算期)、9月~10月(半決算期)を狙っているのでしょう。新車をユーザーに販売することがメイン業務のディーラーに下取りしてもらうのではなく、独自の販売ルートを持っていて、なおかつ中間に業者を入れずに自社で販売する買取業者で売買するのであれば、中間手数料が発生しないのでその分高く買い取ってくれます。56台も買うヘビーユーザーなら業者との信頼も厚いと思うので販売力の強い業者であればなおさら買い取り額が高いはずです。

ローン地獄というわけではなさそうですが、高額なものでも欲しいものは必ず手に入れるという貪欲さは奥さんの立場から見れば目に余るものです。生活費を切り詰めることになっても趣味を自制することができない人は、「俺が稼いだ金で買ったものだから別にいいだろう」などと傲慢な態度を取るかもしれません。

離婚歴がありそれを知ったうえでの結婚なので、子供ができたとき車以上に教育に投資することができるのか今後の活動に注目です。

まとめ

お二人は新婚ほやほやということもあり、性格の不一致によるスピード離婚は考えられないでしょう。しかし、本並氏は趣味に対する金銭感覚が狂っているのは確かなので、生活が困窮したときに大喧嘩に発展する恐れがあります。

そのような困難に直面したとき、ともに乗り越えていけるなら最高のパートナーといえますが、そうでないのであれば今一度自省して改める必要があると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
みやじょう
大分県出身、神奈川県在住のアラサー。 海より山好き。温泉旅行好き。 会社員の傍ら副業でブログを継続中。