トレッキング

トレッキングに行く前の揃えておくべき携行必需品

どうも!みやじょうです。

前回の記事では登山・トレッキングにおける必須アイテムであるトレッキングシューズ、バックパック、レインウェアをお伝えしました。

トレッキングに必要な装備は?初心者ならこれだけあれば十分! 快適に山歩きするには環境に応じた装備品が必要です。本格的な登山ほどの携行品を揃える必要はありませんが、不測の事態に対処できるように準...

しかし、これだけあればいいというわけではありません。下手すれば命取りになるスポーツなので用意周到に装備を整えるべきです。日帰り、宿泊によって必要なものは異なりますが、必ず自分で揃えておくべきものがあります。

服装の基本

山は標高差や天候悪化により気温の変動が激しいので体温調整が重要です。服装はレイヤリング(重ね着)が基本で、季節に関係なく身に着けてください。

下着やTシャツなどのベースレイヤーは吸水速乾性に優れたものを選び、保温性が高いミドルレイヤーと雨風雪を防げるアウターレイヤーがあれば完璧です。

生地の素材はコットンではダメなのか?

結論からいうと登山・トレッキングにコットン100%は命知らずです。なぜなら綿素材には吸水性はあっても速乾性がないので、じっとりと汗をかいた場合、短時間で乾かすことができません。

例えば真夏を思い浮かべると、汗で肌に張り付くシャツや下着を不快に感じませんか?それと一緒で、山では日照りが暑く感じても標高の高いところでは冷たい風が常に吹いています。そのような環境で乾きの遅い服装をしていたら、みるみるうちに体が冷え体力を奪われます。肌に直接触れる下着とベースレイヤーは、なるべく質の高いものにすることをおすすめします。

ユニクロやGUではダメなのか?

登山ウェア一式を登山用品店で揃えるとしたら結構な金額になります。海外の人気ブランドや質の高いものであればその二倍かかることも…。「登山用品って思った以上にお金かかるんだ…」とモチベーションが下がってしまいそうですが、一応ファストファッションでも安く揃えることが可能です。

さすがに自身のサイズに合ったトレッキングシューズ、バックパック、素材のいいレインウェアは置いてないですが、吸水速乾性のシャツならかなりのお手頃価格で手に入るのは周知の通りです。フリースやジャケットも、ブランドによっては半値以下に抑えることができるでしょう。

しかし、「いかに安く済ませるか」という考えでは、とりあえず間に合わせることはできるもののオールシーズンの安心を買うことはできません。夏山シーズンの良く晴れた日で日帰りであれば問題ないと思われますが、やはり質の高いものであれば、その分愛着も湧きますし何より長持ちするのでアウトドアブランドはおすすめです。

こまめな水分と栄養の補給が大事!

トレッキングは重い荷物を背負ったまま歩くので、思っている以上に汗をかき疲労が早いスポーツです。その行動中にバテて「もう歩けない〜」となってしまっては元も子もありません。

そうはならないようパフォーマンスを維持するために、飲み水と行動食は服装以上の必須アイテムです。水分はのどの渇きを感じないように30分に一回、100ml~200ml飲めば大丈夫でしょう。

それ以上を一気にがぶ飲みすると、うまく消化吸収されずお腹を下してしまう場合もありますのでご注意を!汗のほとんどは水分ですが、ナトリウムやカリウムも含まれていて、それらが不足すると足をつったり痙攣したりと悪循環になるのでスポーツドリンクも欠かせません。他の注意点としてはコーヒーやお茶類には利尿作用があるので水分に適していません。それらは目的地に着いたときのご褒美として飲みましょう。

どれくらいの量を持っていけばいいのか?

山に行く際、必要とする水分量は…

(体重+バックパック)×行動時間×5

例えば体重・荷物込みで65kgの人が、登って下りてを6時間かかるとした場合、1,950mlの水が必要となります。これはあくまで最低限の量であり、夏場は余分に考慮すべきです。

登山中に山小屋で販売されていたり水場が設けてあると助かりますが、あまりアテにせず各自ちゃんと持参しましょう。2Lの真水と500mlのスポーツドリンクがあれば安心です。

シャリバテ回避

シャリバテとは登山用語で飯が足りずにバテることです。朝食抜きで登山を始めると血糖値が下がり、空腹を我慢し続けると疲労感がハンパではないので糖分の補給が大事です。糖分は手っ取り早くエネルギーに変えられるものなのですが、腹持ちしないので腹持ちのいい食物繊維が豊富な食べ物を持ち歩いてください。

糖分は子供から大人まで大好きなチョコ系のお菓子をはじめ、味の変化を楽しむためにドライフルーツやカロリーメイトがおすすめです。腹持ちのいい食べ物はアーモンドやピーナッツなどのナッツ類が携行品として最も優れているので種類豊富なものを選ぶといいでしょう。

まとめ

アウトドアメーカーの服はトレッキングだけではなく、普段着としても活用できます。その機能性の良さを実感すると、もう綿素材では納得できません。行動食は水だけでは補えない栄養や楽しみがあるので水と同様に大切なアイテムです。

また、ゴミは必ず持ち帰りましょう。富士山に登るモラルのない観光客が増えると、環境保護のため入山規制するのでご注意を!

ABOUT ME
みやじょう
大分県出身、神奈川県在住のアラサー。 海より山好き。温泉旅行好き。 会社員の傍ら副業でブログを継続中。